継続が大事な乳酸菌

継続が大事な乳酸菌

ヨーグルトやチーズを朝食で毎日食べるという方も多いかもしれませんが、乳酸菌が含まれている食品はコマーシャルなどでも、「毎日摂取しないと・・・」と継続して利用する方がいいと伝えています。
なぜ、乳酸菌は継続利用が必要なのでしょう。

腸はエネルギー源を吸収する部分で、私たちにとって重要な臓器です。
腸内環境を整えてくれる乳酸菌は、免疫機能も強化してくれるとして今注目されています。
乳酸菌でインフルエンザも予防出来るなんて驚きです。
便秘になると与グルと食べなくちゃという人がいますが、確かに普段ヨーグルトなどの乳製品を全く摂取していない人が食べれば、乳酸菌の一時的な刺激によってお通じがあるかもしれません。
でも乳酸菌というのは「時間をかけて腸内に棲息し働く」という特徴を持っています。
また必要量摂取していないと、すぐに減少して悪玉菌が優位になってしまうという事もあり、定期的に継続的に摂取することが必要、といわれるのです。

生きたまま腸まで届くという乳酸菌以外、通常90%以上が胃酸で死滅するといわれていますので、毎日適量を摂取することが望ましく、ヨーグルトの場合、だいたい200g位から300g位摂取するといいでしょう。
乳酸菌サプリメントの場合、適切な量やお勧めの量が記載されていますのでそれにしたがって摂取するようにしましょう。
乳酸菌で腸内環境整備を目指しましょう。